おすすめした法人カードをさらにまとめます!

■追加カードがお得な法人カードがおすすめ

法人カードは経営者だけでなく、社員に持たせるケースも考えなければなりません。
社員に法人カードを使わせることにより、経費の精算をしなくても良くなります。
また利用明細を見ればどこでいくら使ったかが明確になるため、不正に使われにくいというメリットもありおすすめです。
信頼している社員でも、お金に目がくらみ自分のものに経費を使う…なんてことはありますからね。

社員に持たせるなら、追加カードの年会費を節約できる法人カードがおすすめです。
法人カードは本カードだけでなく、追加カードにも年会費が設定されています。
料金は本カードと同じものもありますし、本カードより低いものもあります。
おすすめなのは、追加カードの年会費が低い法人カードでしょう。
追加カードの発行枚数が多いほど、年会費が低い方がお得になります。

そして追加カードが何枚発行できるかを、確認するのがおすすめです。
法人カードは追加カードの発行枚数が制限されている場合があります。
個人事業主向けの法人カードは、3枚~5枚程度しか発行できないものもあります。
社員が多い法人は、発行できる枚数に注意をする必要があるでしょう。
現在は社員が少ないから…とっても、将来増える可能性があります。
今後事業を拡大させる可能性があるなら、追加カードの発行枚数制限なしの法人カードがおすすめです。

・ライフカードビジネス
法人カードの年会費負担をしたくないなら、ライフカードビジネスがおすすめです。
ライフカードビジネスは、本カードも追加カードも年会費無料です。
無条件で年会費無料の法人カードは少ないですから、貴重と言えるでしょう。
しかも追加カードは発行枚数が無制限ですので、社員が多い法人にもおすすめ。
将来的に社員が増える可能性がある法人にも、おすすめできる法人カードです。
ライフカードビジネスはETCカードも年会費無料ですので、お得に法人カードを使えます。

・EX Gold for Biz M iD×QUICPay
本カードは翌年度より年会費2,000円(税別)となり、追加カードは3枚まで発行でき年会費は無料です。
従業員が少ない法人向けですが、追加カードの年会費負担がなくおすすめです。
EX Gold for Biz S iD×QUICPayには個人事業主向けのSもあります。
ただこちらは追加カードは発行できない法人カードです。
追加カードが必要である場合は、SとMを間違えずに申込をするのがおすすめです。

■審査通過しやすい法人カードがおすすめ

法人カードの発行は、審査通過が難しいと言われています。
法人カードは最初から無理!とあきらめているケースもあるようです。
確かに審査が厳しい法人カードもあるのですが、審査に通過しやすい法人カードもあります。

法人カードの審査が不安な場合は、開業まもなくでも発行できるものがおすすめです。
法人カードは開業から3年以上経過しなければ、審査通過できないと言われています。
開業間もなくでは経営が不安定で、すぐに廃業…となってしまう可能性が高いためです。
しかし実際は開業半年程度でも、発行できたという法人カードは存在しています。

そして必ずしも黒字経営でなくても、発行できる法人カードがおすすめです。
法人カードの審査通過には、2期以上の黒字決算が必要とされています。
2期以上黒字が続いていれば経営が安定していると判断できるためです。
しかし黒字を続けるのは簡単なことではありません。
節税のために、書類上は赤字にしている…なんてケースもあります。
おすすめなのは決算書の提出無しで、発行可能な法人カードです。
決算書を提出しなければ、赤字なのか黒字なのかがわかりません。
つまり赤字でも発行ができる法人カード…となるのです。

・ライフカードビジネス
年会費無料クレジットカードは審査が緩いとされていますが、法人カードにも当てはまるようです。
ライフカードビジネスは永年年会費無料で、審査に通りやすいのでおすすめです。
ライフカードビジネスは利用限度額が100万以下だと、登記事項証明書と代表者の本人確認資料のみで申込みをすることができます。
2期分の決算書の提出は不要なので、赤字でも発行できる可能性があることになります。
利用限度額はのちに引き上げることも可能ですので、まずは100万円以下で発行するのがおすすめでしょう。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
取得が難しいと言われるアメックスビジネスですが、意外と簡単に発行できたというケースが多いです。
開業1年未満でもすんなり発行できたという口コミもあり、開業間もない場合におすすめです。
アメックスビジネスゴールドは、法人としてよりも経営者個人の信用を重視した審査を行う法人カードとされています。
経営者に十分な返済能力があれば、開業間もなく法人としての経営が安定してなくても良いとしているのです。
ただアメックスはステータスが高く、決して審査が甘いわけではありませんので注意をするのがおすすめです。

■利用限度額が高い法人カードがおすすめ

法人カードの特徴として、利用限度額が高いということがあります。
ビジネスでの支払いは、高額になりがちです。
利用限度額が低い法人カードだと、上限いっぱいになってしまって使えない…となってしまうことになります。
利用金額が高くなる場合は、利用限度額が高い法人カードがおすすめです。

法人カードの利用限度額は、100万円以上が多いです。
一般クラスでも100万円以上使えると、限度額を気にせずに使えます。
ただ必ずしも、高額の利用限度額をもらえるとは限りません。
審査によっては10万円、30万円なんて低い金額になってしまう可能性もあります。

利用限度額が低い場合は、法人カードを複数枚持つのがおすすめです。
こちらの支払いはAカードで、あっちの支払いはBカードで…とわければ、法人カードで支払をすることができます。
利用限度額が高い法人カード1枚ですべてを決済するのが理想ではありますが、低い利用限度額しかもらえないなら仕方がないでしょう。

ただ利用限度額は、発行当初から上がらないということはありません。
利用状況によっては、自然と引き上がることもあります。
また依頼をすれば、一時的に引き上げることも可能です。
このことを考えると、最高利用限度額が高い法人カードがおすすめとなるでしょう。

・オリコビジネスカードGold
ゴールドカードですが初年度年会費無料、翌年度より2,000円(税別)と、年会費が低いことでもおすすめの法人カードです。
オリコビジネスカードGoldの利用限度額は、なんと最高1,000万円。
ここまで高ければ十分!という法人も多いのではないでしょうか。
普段の支払いだけでなく、設備投資などにもおすすめの法人カードと言えます。
ただ発行当初から1,000万円まで使える…というケースは少ないと思われます。
最低利用限度額は10万円となっており、審査結果によっては10万円の利用限度額しかもらえない…、なんてことも考えられるので注意してください。

・JCBプラチナ法人カード
プラチナクラスになると、利用限度額も高くなります。
さすが30,000円(税別)と、年会費が高いだけありますね。
JCBプラチナ法人カードの利用限度額は、最低でも150万円となります。
上限はないと考えられ、審査によってはかなり高額利用が可能と思われおすすめです。
プラチナカードは審査が厳しく簡単に取得ができるわけではありませんが、利用限度額を気にせずに法人カードを使いたいならおすすめです。

■人気が高い法人カードがおすすめ

法人カードは人気で選ぶのもおすすめです。
法人カードの良い悪いを決めるのには、実際に使ってみるのが一番良いでしょう。
しかし全種類を発行し比較してみる…というのは、ほぼ不可能です。
審査通過も大変ですし、年会費も大きくなってしまいます。
そこで参考にするのがおすすめなのが、人気の高さです。
人気が高い法人カードは、満足している人が多いことになります。
人気がある=優秀な法人カードという方程式が成り立ち、法人カード選びの参考になるというわけです。

・JCB法人カード一般
定番法人カードとして人気が高いです。
JCBのプロパーである安心感と、お手ごろな年会費(税別1,250円)で人気が高いです。
また発行手数料・年会費無料のETCカードを複数枚発行できるのもおすすめポイント。
追加カードも無制限で発行できます。
法人カードってどれが良いか決められない…というケースにも、おすすめです。

・EX Gold for Biz iD×QUICPay
個人事業主向けのEX Gold for Biz S iD×QUICPayと、法人向けのEX Gold for Biz M iD×QUICPayがあります。
ゴールドカードなのですが、年会費税別2,000円(初年度は無料)と格安なのが人気です。
ゴールドカードならではの旅行保険も付帯しており、出張が多い法人にもおすすめです。
ただゴールドカードではありますが、空港ラウンジ無料利用サービスが付帯していないのがちょっと残念なところでしょうか。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
比較的発行しやすい法人カードとして人気があります。
開業間もない個人事業主でも審査通過しやすいのでおすすめです。
また保険などの付帯サービスも充実しており、高い満足感を得らえる法人カードでしょう。
年会費税別31,000円と高いのが難点…とする声もありますが、付帯サービスを考えるとコスパは高くおすすめです。

・楽天ビジネスカード
年会費性別12,000円(楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード)ですが、プライオリティパスが付帯することで人気です。
海外出張が多いならおすすめです。
そしてポイント還元率1.0%と、法人カードとしてはポイントがたまりやすいのも特徴。
ポイント5倍になるので、楽天市場ではかなりおすすめです。
楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードで追加発行する法人カードです。
単体では発行できませんので、注意をしてください。

■ステータスでおすすめな法人カード

ステータス性のあるおすすめな法人カードとして紹介するのが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。プラチナカードとして抜群の存在感を誇っているクレジットカードですが、何と言ってもカードブランドがアメックスなところも魅力的ですよね。アメックスカードはハイグレードな印象を我々に与えてくれます。利用している時に、良い気分にさせてくれるカード、といっても過言ではありません。

今回はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはどんな特徴があるのか、ということを明らかにします。

年会費が20,000円に設定されています。アメックスのプラチナカードであるのに、年会費が20,000円というのはかなりお得な部類に入ってきます。年会費が50,000円や60,000円してしまうような印象を持っている方も多いかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

さらに他にプラチナカードと比較してマイル還元率が高く設定されているところにも注目です。なんと1.125%の設定となっているんですよ。マイルを効率的に貯めたい、と思っている方は必見です。さらにプラチナカードならではといっても良いものの一つに専用コンシェルジュサービスがあります。プラチナカードらしく、コンシェルジュ系サービスもしっかりと用意されているので安心です。

また、このカードは個人名義で入会するカードのため、入会時の審査は個人信用情報を見られます。つまり、法人として開業したばかりであっても、個人にちゃんとした信用があれば審査に通る可能性が高いのです。もちろん、カードの利用金額を引き落とすための口座は、個人口座だけでなく法人口座も指定できますので、間違いなく法人カードとして利用できます。