まだまだおすすめしたい法人カード集

■高ステータスの法人カードがおすすめ

法人カードは一般カードでも良いですが、ゴールドやプラチナなどステータスが高いものがおすすめです。
ランクが高いクレジットカードは、周りに自慢できるメリットがあります。
法人カードもそうなのですが、もう一つメリットがあります。
それはビジネスの相手に、良い印象を与えらえるということです。
法人カードは接待の時に使うことも多いでしょう。
そのときに一般カードではなく、ステータスが高い法人カードを持っていたらどうでしょうか。
「こんなクレジットカードを持てるなら信頼できる」と、思わせることが出来るでしょう。
法人カードのおかげで、商談がうまくいく可能性もあるのです。
それならステータスの高い法人カードがおすすめとなるでしょう。

またプラチナ法人カードには、接待に役立つサービスを利用することができおすすめです。
それがコンシェルジュサービスです。
コンシェルジュサービスは、何でも依頼を聞いてくれる会員専用のデスク。
接待のセッティングを丸投げすることもできます。
一言さんお断りのような高級料亭などを予約することもできますので、手厚い接待ができるでしょう。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード
法人カードにはブラックカードが存在していませんので、最高峰となるのがプラチナカードです。
しかもアメックスということで、法人カードの中では最高クラスとなるでしょう。
高いステータスが欲しいなら、おすすめの法人カードです。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードは、年会費13万円以上と非常に高額です。
しかしコンシェルジュサービスなど、質の高いサービスを受けられるのが特徴です。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードは、申込みをして取得することはできません。
まずはアメリカン・エクスプレス・ビジネス・ゴールドカードを発行するのがおすすめです。
使い方が良ければインビテーションが発行され、プラチナ法人カードにランクアップできます。

・JCBプラチナ法人カード
JCB法人カードの最高峰となるのが、JCBプラチナ法人カードです。
JCBカードは銀行系でステータスも高いクレジットカード。
日本生まれのブランドなので、日本人ならおすすめです。
JCBプラチナ法人カードはコンシェルジュサービスやプライオリティパスなど、プラチナ法人カードならではのサービスが付帯しています。
年会費30,000円(税別)となり、プラチナ法人カードとしては一般的な金額です。

■キャッシングができる法人カードがおすすめ

資金繰りが苦しくなった時に、便利なのがキャッシングです。
法人カードを発行するなら、キャッシングが付帯するものがおすすめでしょう。

ただキャッシング機能をつけられる法人カードは、非常に少ない現状があります。
キャッシングというのは個人向けのサービス。
法人カードはビジネス用なので、キャッシングを付けると事業性に使うために借りられてしまいます。
これでは困る…ということで、キャッシングが付帯しない法人カードが多いのです。
法人カードでキャッシングをするのは、簡単ではないとなってしまうでしょう。

事業用に資金を調達するなら、公的な融資がおすすめです。
利息が低く、負担が少ないためです。
しかし審査に時間がかかるうえ、審査落ちする可能性も高いです。
今すぐ少しだけ借りたい…というなら、やはりキャッシングがおすすめとなります。
法人カードでのキャッシングは難しいですが、中にはキャッシング可能なものもあります。
いざという時のためにキャッシング付帯の法人カードを1枚持っていると、便利なのでおすすめです。

法人カードでキャッシングをする場合は、借りすぎに注意をするのがおすすめです。
キャッシングは利息がかかりますので、高額を借りると利息負担が大きくなってしまいます。
またなるべく早く完済をするのがおすすめです。
だらだらと借りてしまうと、その分利息を支払わなければなりません。
なるべく利息が低くなるように、計画的に借りるのがおすすめなのです。

・ P-one Business MasterCard
キャッシングができる法人カードとして、おすすめの1枚です。
法人カードでキャッシングができるといっても、個人事業主向けの法人カードであることが多いです。
しかし P-one Business MasterCardは、法人でもキャッシングをできるのが大きな特徴です。
キャッシング枠は最高300万円となり、やや高額な借入をすることも可能でしょう。
年会費は入会翌年度より2,000円(税別)ですが、年に1度でもカードの利用があれば翌年度の年会費は無料になります。
年会費負担をしたくない場合にも、おすすめの法人カードです。

・EX Gold for Biz S iD×QUICPay
個人事業主におすすめの法人カードが、EX Gold for Biz S iD×QUICPayです。
法人向けとなるEX Gold for Biz M iD×QUICPayにはないのですが、こちらにはキャッシング機能を付帯させることができます。
年会費2,000円(税別)と格安のゴールド法人カードとしてもおすすめです。

■年会費無料法人カードがおすすめ

法人カードのデメリットとして挙げられるのが、年会費の高さです。
個人向けカードは、年会費無料がゴロゴロとあります。
しかし法人カードは、年会費無料となるのはごく一部しかないのです。
年会費負担をしたくないという場合、法人カードはおすすめではない…となってしまうでしょう。

ただ法人カードの年会費は、高すぎて持てない!というレベルではありません。
一般法人カードなら、1,000円程度の年会費で持つことができます。
これくらいであれば、大きな負担にはならないでしょう。
ゴールド法人カードでも、2,000円程度といったものもあります。
数千円でゴールドカードクラスを発行できるなら、年会費負担は少なくおすすめと言えます。

法人カードは年会費無料が少ないだけで、年会費が高いというわけではありません。
そして中には、年会費無料の法人カードもあります。
どうしても年会費の負担ゼロで法人カードを持ちたいなら、年会費無料法人カードを選ぶのがおすすめです。

・ライフカードビジネス
ライフカードビジネスは、永年年会費無料でおすすめです。
法人カードで永年年会費無料というのは、これだけかもしれません。
ちなみに追加カードやETCカードも、すべて年会費無料です。
コストを全くかけず、使える法人カードなのです。
ライフカードビジネスは、法人カードってどんな感じ?という場合にはおすすめでしょう。
年会費の心配をしなくてよいので、もしあまり使わない…となっても損をすることはありません。
ただこの法人カードは、ポイントサービスがありません。
ポイントサービスをとるか、年会費無料をとるか…というところでしょう。

・P-one Business MasterCard
P-one Business MasterCardは、初年度年会費無料、翌年度は2,000円(税別)となります。
なんだ年会費無料じゃないじゃん!と思うのは早いですよ。
年に1度でもカードの利用があれば、翌年度の年会費は無料となるのです。
使い続けていればずっと年会費無料で使うことができるので、おすすめなのです。
そして従業員に持たせる法人カードとしてもおすすめです。
追加カードは5枚まで年会費無料なので、従業員に持たせても法人カードにコストをかけなくて済みます。
P-one Business MasterCardは実質年会費無料ながら、還元率約0.6%とポイントを貯めやすいのも特徴です。
年会費負担なくポイントも貯めやすいので、お得でおすすめです。

■車でお得になる法人カードがおすめ

業務で車を使う機会は多いかと思います。
車両は本体だけでなく、維持費も非常にかかります。
ガソリン代や有料道路の走行料金がお得になる、法人カードを持つのがおすすめです。

法人カードは、ETCカードを発行することができます。
おすすめなのは、年会費や発行手数料不要でETCカードを発行できる法人カードです。
ETCカードを1枚しか発行しないのであれば、多少年会費や発行手数料がかかっても仕方ない…となるかもしれません。
しかし複数発行するとなると、年会費や発行手数料が大きな負担となってしまいます。
年会費500円のETCカードを5枚発行すれば、2,500円が年間必要になることになります。
発行手数料1,000円のETCカードなら、5枚発行すれば年間5,000円かかることになります。
そう考えると発行手数料や年会費無料の方が、断然おすすめとなるのです。

またETCカードは、複数枚発行できる法人カードもおすすめです。
車両ごとにETCカードを分けたり、それぞれの社員に持たせやすくなります。

そしておすすめなのが、ガソリン代が値引きとなる法人カードです。
ガソリンが会員価格になれば、1リットル当たり5円ほと安くなることもあります。
ガソリン給油量が多い法人になればなるほど、ガソリン代を節約できることになるでしょう。
ガソリンが値引きになる法人カードはインターネットなどで申込みができるものの他、ガソリンスタンドで直接契約をするものもあります。
ガソリンの使用量が多い法人は、直接契約の方がおすすめとなることが多いようです。

・JCB法人カード一般
年会費1,250円(税別)で発行できる、定番法人カードです。
最初の法人カードとして、まずはJCB法人カード一般を…というケースもよくあります。
ETCカードは発行手数料、年会費とも無料で発行できます。
そしてETCカードは1枚の法人カードに対して、何枚でも発行できるのが特徴です。
発行枚数の制限がないので、車両が多い法人にはおすすめでしょう。

・シナジーJCB法人カード
エッソ、モービル、ゼネラルのスタンドでは、最大1リットルあたり最大7円引きになる法人カードです。
これらのスタンドの利用が多いなら、おすすめ度が高いです。
年会費は翌年度より2,000円(税別)ですが、給油量が多ければ年会費の元は取れそうです。
年会費10,000円(税別)のゴールドカードなら、最大1リットルあたり10円引きになりお得。
ETCカードは1枚の法人カードに対して、複数枚発行することが可能です。

■年会費でおすすめな法人カード

法人カードを利用するにあたり、少しでも年会費が低いものを選びたい、と思っている方も多いのではありませんか。やはり年会費は低いものに越したことはありません。低ければ低いほど良いというわけではありませんが、安心して利用し続けられることは間違いありません。特に初めての法人カード、といった場合には、年会費が低いカードを選ぶ、ということを真向きに検討すべきなのです。

今回は、年会費でおすすめのクレジットカードとして「オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay」を紹介します。果たして年会費はどの程度のレベルになっているのでしょうか。その他のカードの特徴についてもお話します。

まずオリコEX Gold for Biz iD×QUICPayの年会費ですが、2,000円の設定となっています。注目してほしいのが、ゴールドカードなのに2,000円という部分です。低価格で驚いてしまいますよね。

さらに、オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayに関しては追加カードを3枚まで発行できる、といったプラスがあるわけです。このメリットは見逃せません。社員などにも追加カードを発行してあげられるわけです。

オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayはゴールドカードでもあるので、ゴールドカードレベルの特典が利用できる、といったメリットもあります。コストパフォーマンスの高いクレジットカードがオリコEX Gold for Biz iD×QUICPayです。