コレを選べば間違い無し!おすすめ法人カード

■年会費無料でおすすめ ライフカードビジネス

クレジットカードとして非常に人気の高いライフカードが法人向けにもクレジットカードを発行しています。その名は「ライフカードビジネス」と呼ばれておりとある理由で法人カードも非常に人気となっています。その理由というのは法人カードにも関わらず年会費が無料に設定されているということなんですね。後ほど紹介していきますが驚きのスペックをもつ法人カードとなっています。

・基本情報
-発行会社:ライフカード
-国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
-年会費:無料
-追加カード:無料
-利用限度額:最大の利用可能額は500万円

冒頭でも述べましたが、こちらのライフカードビジネスの最大のメリットとしては年会費が無条件で無料となる非常に珍しい法人カードということです。法人カードは年会費を無料にしてまで会員を集める必要がないため基本的には年会費が必要なものというのが世の中の認識です。しかし今回おすすめしているこちらの法人カードならばこのような認識を覆し維持費の掛からない法人カードを所有することが出来るのです。駆け出しの時期などであれば維持費が必要ないということは大きなメリットとなります。また、数人で利用する場合は問題ないですが発行枚数が増えてくると年会費の差が大きな支出の差にも繋がってきますのでこの点でもありがたい部分ですね。年会費が無料の法人カードでありながらETCカードも発行枚数無制限で年会費は無料とおすすめの付帯サービスとなっています。

その反面、決済金額大きくなりポイント還元などを意識するような企業の方にはおすすめできない一枚となっています。ポイント還元プログラムは用意されていませんので、とにかく年会費無料で法人カードを持っておきたいという方におすすめできるものですね。また、一般カードに分類されるためクレジットカード会社としてのビジネスサポートはそこまで大きなものとはなっていません。ですが国際ブランドをVISAに設定すると「VISAビジネスオファー」が利用できるようになりますので、特に国際ブランドにこだわりが無いのであれば使い勝手も良いVISAにしておくことが賢明でしょう。

年会費が無料というのが最大のおすすめポイントとなっているのがこちらの法人カードです。最初の一枚としてこちらを利用し、その後は会社の拡大規模によって利用する法人カードを変更するというのもおすすめの使い方かもしれません。

■ダイナースクラブビジネスカード

個人向けのクレジットカードであればステータス性の非常に高いものとして認知されているダイナースクラブにも法人カードが用意されています。その名は「ダイナースクラブビジネスカード」となっておりダイナースらしいシンプルなネーミングでわかりやすいものです。こちらほ法人カードは会社を始めとして法人のみならず、団体の代表や個人事業主も審査の対象となっておりステータス性の高い法人カードを手に入れることを目指す方に人気があります。ダイナースクラブビジネスカードにはどのような特典が付帯されているのかも踏まえてご紹介しましょう。

・基本情報
-発行会社:ダイナース
-国際ブランド:ダイナース
-年会費:27000円+税
-追加カード:無料
-利用限度額:法人カードとしての一律の設定金額は無し

ダイナースといえば非常にステータス性の高いクレジットカードとなっており、一般カードであってもその内容はゴールドカードやプラチナカードに近いものが提供されているのが特徴です。法人カードにおいてもこの特徴は継承されており、年会費の安さからは想像できないような付帯サービスが用意されています。その中でも特に人気があるのが「プライベートアドバイザーサービス」と呼ばれるものです。

こちらのサービスはダイナースが用意した会社を経営していく上で必要となる「資金調達」「法務関連」「人事や労務」といったいくつかの分野の専門家に経営に関するアドバイスを頂けるというものです。利用方法も簡単で専用のサイトからアドバイスを貰いたいジャンルを選択し、疑問に思っていることなどを記載するだけメールや電話で回答がもらえるという仕組みになっています。この時点でも専門的な回答が期待できますが、さらに細かな対応が必要となった場合は面会でアドバイスを頂けるような人や事務所を紹介してもらえるというサービスまで用意されています。こういったステータス性の高い法人カードならではのサービスが用意されているのが利用者を掴み続ける理由となっているのでしょう。

こういったビジネスに関わる付帯サービスはもちろん人気のこと、ダイナースが得意としているトラベル・レジャーに関する付帯サービスも充実しています。そのため出張などで利用する場合でもその恩惠は活用することが出来るでしょう。年会費は少し高めにはなっていますが、法人向けのサービスが利用できることを思うとすぐにそれ以上の価値を生み出してくれるのではないでしょうか。

■安定感のある楽天ビジネスカード

他の法人カードとは少し異なった形態を利用して法人カードを発行しているのがこちらの「楽天ビジネスカード」です。こちらの楽天ビジネスカードは法人カードのみを発行するのではなく、楽天が発行するゴールドカードである楽天プレミアムカードに付随する形として発行することが可能です。つまり、楽天プレミアムカードを利用している方のみが保有できる法人カードとなっており個人事業主などの小さな規模の法人で利用することが想定されたものとなっています。

・基本情報
-発行会社:楽天カード
-国際ブランド:VISA
-年会費:12000円+税
-追加カード:不可
-利用限度額:最大の利用可能額は300万円

楽天カードということもあり、法人カードでも非常にポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカードとなっています。しかも基本的には楽天プレミアムの機能を踏襲したものとなっていますので人気のプライオリティパスがこの年会費で利用できるようになっています。法人としての利用でも、個人としての利用でも空港ラウンジが利用できることはありがたいことですが、お客様や社員が同伴している可能性がある法人での利用時にはより一層使い勝手が良いものとなるでしょう。そいうった面も含めて非常に付帯特典がおすすめで充実したものとなっています。

ただ法人カードといえば複数人で会社の決算をするため決算金額が大きくなり、ポイント還元も大きくなるといったメリットをこちらの法人カードでは受けることが出来ません。事業者本人しか発行することが出来ませんので、まずは個人事業主や少人数での企業で法人カードを持っておきたいという方におすすめな法人カードとなっています。大きな金額を全て一枚のカードで決算し続けるのは逆に手間が掛かりますし、中規模な法人になるころには追加カードの発行できるものに切り替えるほうがいいかもしれません。

そうは言えど還元率1%という高還元率でポイントが貯まるような法人カードは他にそうありません。またポイントの使い勝手も良いものとなっていますので、上手く利用することが経費の削減にも繋がるということになります。どちらかといえば付帯サービスをとことん利用するよりかは決算をなるべく集中させてポイントを獲得する利用をおすすめします。ステータス性の高いサービスを求めるのであればもう一枚それようの法人カードを持つことも考えても良いかもしれません。

■UC法人カード

年会費やポイントの還元率を考慮したときにバランスが取れた法人カードのひとつとおすすめできるのが「UC法人カード(一般カード)」です。ユーシーとは名前が付いていますが、こちらはクレジットカードで有名なクレディセゾンが吸収した会社となっておりますので安心した付帯サービスが期待できるものとなっています。

・基本情報
-発行会社:ユーシーカード
-国際ブランド:VISA/MasterCard
-年会費:1250円+税
-追加カード:発行枚数無制限(年会費:1250円+税)
-利用限度額:300万円

年会費は法人カードとして一般的な金額となっていながらも、セゾン系のクレジットカードで提供されている永久不滅ポイントが貯まるお得さがおすすめなカードです。ポイント還元率は0.5%となっており個人向けのクレジットカードと変わらない還元率を法人カードで実現しています。法人カードは個人で利用するクレジットカードよりも決算する金額は大きくなりがちですので、ポイントの還元率があるのと無いのでは大きな差となってきます。

交通費などの清算の面で特徴があり、飛行機に関してはJALオンラインとの連携もされていますので365日24時間いつでも法人カードを利用した決算が可能となっています。またこれに加えてUCタクシーチケットも利用できますので、現金での清算が手間になりやすい部分を上手くフォローしてくれるような仕組みも用意されていますのでおすすめしたいところです。

セゾンが独自にビジネスサポートをしているということはありませんが、ビジネスサポートに関して国際ブランドとしてのVISAビジネスオファーやMasterCardビジネス・アシストがありますのでこちらを活用することが大切となっております。それ以外の面ではセゾンが個人向けの会員にも提供しているような共通のサービスがありますのでその点は安心してもらって大丈夫です。

何かに特化した法人カードではない代わりに年会費などが安めに抑えられているのがこちらの法人カードの特徴となっています。ETCカードの発行も99枚まで無料ということになっていますし、手軽に利用できる法人カードと考えるのが良いのではないかとも思います。ポイントも貯まるような仕組みとなっていますので、会社の規模を問わず法人カードとはどのようなものか、決算に導入することでどのようなメリットがあるのかを検証するような場合にもおすすめできます。

■法人カードにもステータス性を求めるあなたにおすすめの一枚

法人カードであっても利用するカードの種類によってステータスが高い・低いというのが存在しています。一般的なクレジットカードのランクつけとしては一般カード<ゴールドカード<プラチナカードであり、これらのランク付けは法人カードにおいても変わることはありません。(厳密には中間のようなランクもありますが今回は割愛します。法人カードにおいてステータスが高いといわれるのは基本的にゴールドカードとプラチナカードでしょう。このどちらも法人カードとしておすすめのものが用意されていますのでご紹介していきます。 ・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード ステータス性も意識した法人カードとして総合的に最もおすすめできるのがこちらの法人カードです。年会費は20000円と法人カードの中では高いものに分類されはされますが、手に入るのはアメリカン・エキスプレスブランドのプラチナカードです。法人として有効に活用できるのであれば非常にステータス性の高い付帯サービスを受けることが可能です。アメリカン・エキスプレスが得意としているレジャーやトラベルに関する分野も法人カードでサポートされておりホテルの優遇や飲食店の手配なども利用することが可能です。 本来であれば13万円以上必要となる年会費もこちらの法人カードとなれば一気に安くなりますし、総合的な利用価値は高いです。 ・ダイナースクラブビジネスカード 法人カードのクラスとしては表向きにゴールドカードやプラチナカードとは記載されてはいませんが、実質的にはゴールドカード以上の付帯サービスがあるような印象を受けるのがこちらの法人カードです。国際ブランドがダイナースということもあり、ビジネスサポートも日常のサポートもこれ一枚で完結できるような付帯サービスが用意されています。特にダイナースが用意したプロフェッショナルに業務上の疑問を質問できる「プライベートアドバイザー」というサービスが人気であり、クレジットカードとしての機能以上にステータス性を感じさせるようなこの機能を目的としている人も多いようです。 業務上の課題は自分ひとりでは解決できないことが多々あります。そして、そういったことを解決するためには時間が必要となることがほとんどです。この時間的な解決の変わりにダイナースを利用することによって解決策を提示してもらうことが出来るのは年会費以上の価値がありおすすめの利用方法です。