失敗しないおすすめ法人カード

■おすすめ外資系法人カードで審査に通りやすく

法人カードといえば審査が厳しいといわれるのが一般的です。しかしながら、外資系の法人カードであれば日系のカード会社よりも審査に通りやすいといわれています。やはり海外はがクレジットカードの決算が主流となっているため法人カードを発行すれば高額な決算が期待できると思われているのでしょうか。そのため法人カードを作る際には外資系の法人カードをおすすめしています。外資系の法人カードも様々ありますが特におすすめなものをご紹介します。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
発行しているのは日本国内の企業となっていますがアメリカン・エキスプレスは比較的法人カードに通りやすいといわれています。もとよりクレディセゾン自体も審査がそこまで厳しいものではなく、その審査が法人カードにも適用されているようなイメージです。審査が甘くとも付帯されているサービスはプラチナカードのものですし何も不満点はありません。年会費が高額なため大量に発行すると維持費が高額となってしまいますが、少人数が確実にクレジットカードの付帯サービスを利用できるのであれば問題ない価格でしょう。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
意外かもしれませんが、プロパーカードのアメリカン・エキスプレスも審査があまくおすすめの一枚となっています。個人カードであればゴールドカードでなおかつステータス性の高いこちらのクレジットカードは審査がそれなりに厳しいものとなっています。それにも関わらず法人カードともなれば同様のステータス性は維持しつつも年会費が安くなり審査も通りやすくなっているのです。驚く部分はあると思いますが、意外と日本の法人カードが通らなくともこちらのものであれば通るかもしれません。

・ダイナースクラブビジネスカード
上記の2枚よりは審査の面で厳しいですが、こちらも外資系の法人カードとしておすすめです。ダイナースといえば発行枚数こそ多くは無いもののステータス性の非常に高いクレジットカードの一つです。そして、法人カードになってもこのステータス性は変わらずゴールドカードからプラチナカードのような付帯サービスを提供してくれているのです。ダイナースならではの日本企業では提供されていないような付帯サービスもありますので審査の面のみならず、そういった付帯サービスを利用することも視野に入れて申し込むのが良いと思われます。

■マイル還元でおすすめの法人カード

ポイントの貯まらない法人カードも多いですが、ポイントが貯まるものを選ぶのであればマイルが貯まるものを利用することをおすすめしています。交通費などの充填に利用できることはもちろんのこと、それ以外でもマイルは交換先が色々と用意されているなどひとまずマイルとして貯めておくことは悪くないと思います。しかも法人カードであれば一人ではなく複数人で貯めたマイルを合算して利用することも可能です。こういったマイルの利用を続けると経費の削減にも繋がりますので特におすすめです。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
まずマイルが貯まりやすい法人カードとしておすすめするのはこちらです。年会費は少し高いですが、それだけ多くの付帯サービスが用意されていますので活用しきれるのであれば非常におすすめしたい法人カードとなっています。交換できるマイルはJAL,ANAの両方となっておりどちらのマイルとして貯める場合にも利用可能な法人カードです。プラチナカードですのでマイルの利用と合わせて付帯サービスを活用すればぐっと経費の削減に繋がるかもしれません。

・楽天ビジネスカード
こちらはポイント還元率が高いことから効率よくマイルが貯まるとおすすめしたい1枚です。法人カードとしては数少ない還元率1%となっていますのでまずはどんどんと楽天ポイントを貯めることができます。このポイントをそのまま利用するのも良いですが、Webの簡単な手続きによってマイルに移行することが出来ますので交通面での利用を考えると移行してしまうのが良いでしょう。ただ、こちらの法人カードでは移行できるマイルがANAマイルに限られてしまいます。その点だけ事前に留意しておいてもらいたいと思います。

・EX Gold for Biz M
格安のゴールドカード法人カードとして人気が高いこちらのカードもマイルを貯めるのに向いていものです。オリコ系のクレジットカードですのでまずはオリコポイントが貯まりますが、追加カードの発行も可能となっているため複数人で効率よくポイントを貯めれるような仕組みになっています。こちらであれば移行できるマイルはJALマイル,ANAマイルの両方に対応していますので特にどちらの航空会社かを意識する必要はありません。

外資系の法人カードの中には海外航空会社のマイルが貯まるものも存在しています。用途によってはこのような法人カードも検討してみてくださいね。

■マイル還元率でおすすめな法人カード その1

このブログでは様々な分野で特におすすめできるクレジットカードを紹介していきます。ただし、一般的な個人のカードではありません。こちらでお話するのは、法人カードです。

様々なおすすめの法人カードを紹介していくので参考にしてもらえたら幸いです。

まずはマイル還元率でおすすめできる法人カードを紹介していくので参考にしてもらえたら幸いです。

マイル還元率でおすすめ出来る法人カードですが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がありますビジネスカードのプラチナタイプなので、かなりハードルが高いと思う方もいるかもしれませんがJALマイルの還元率が非常にお得、といった特徴を持っているのです。JALマイルへの還元率ですが1.125%の設定になっているんですよ。JALマイルをたくさんためたい、という方には欠かせないクレジットカードになっているわけです。

また、プラチナカードではありますが、セゾンカードでもあるのでお得、といった特徴もあるのです。年会費は法人のプラチナカードなのに、20,000円の設定となっています。格安と言っても良いのではありませんか。手厚い付帯保険もあるので、年会費が安いデメリットもありません。非常に利用しやすい、といった特徴がセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはあるわけです。

■マイル還元率でおすすめな法人カード その2

マイル還元率でおすすめの法人カードをおすすめします。法人カードは非常に高額の利用も考えられます。その高額な利用をする上でも注目したいのが獲得できるポイントですよね。たくさんポイントがゲットできるとなれば、法人カードであれば社員の福利厚生についても考えてあげられるようになるわけです。

今回は、マイル還元率でおすすめできる法人カードとして「ダイナースクラブコーポレートカード」を紹介します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。利用しやすい法人カードなのでしょうか、探ってみましょう。

気になるマイル還元率ですが、ANAマイルに関しては1.0%の設定となっているのです。マイル還元率は非常に高めの設定となっているので安心して利用できます。ただし、その還元率で交換するためにはダイナースグローバルマイレージへの加入が必要となってくるので注意してくださいね。ダイナースグローバルマイレージの年会費は6,000円+消費税がかかってきます。

ダイナースカードということで年会費が気になる、という方も多いのではありませんか。ダイナースクラブコーポレートカードの年会費はそれほど高額ではありません。12,000円+消費税の設定となっているのです。比較的払いやすい金額といっても良いのではありませんか。思ったよりも身近な存在なのです。

■年会費でおすすめな法人カード|JCB一般法人カード

JCBカードを利用している方は多いと思います。そのJCBカードには法人カードもあって、年会費に非常に大きなメリットが確認されているのです。

今回は年会費でおすすめできる法人カードを紹介していきます。果たしてJCB一般法人カードの年会費はどの程度に設定されているのでしょうか。さらにどのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。確認してみましょう。

JCB一般法人カードの年会費は、法人カードで最安の部類に入ってくる、といっても過言ではありません。その年会費は1,250円の設定となっているのです。カードのランクは一般タイプではありますが、それだけ低い年会費で法人カードが利用できる、というのは大きなプラスといっても過言ではありません。

年会費が高いので内容があまり良くないのでは、といったことも思ってしまうでしょう。しかし、そんなことはありません。JCB一般法人カードですが、国内海外旅行傷害保険が最高で3,000万円ついてくるのです。高額とはいいにくいですが、年会費が1,000円台のカードとしては十分な金額、と言っても良いのではありませんか。

法人カードを持っていると、営業者に利用できるETCカードを利用したい、といった気持ちも生まれてくると思います。ETCカードに関しても無料で発行できる、といったメリットが有るのです。

■三井住友マーチャントメンバーズクラブ(ゴールド)はおすすめ法人カード

おすすめゴールドカードの一つが三井住友マーチャントメンバーズクラブ(ゴールド)です。法人カードの一種となっており、非常に使い勝手が良いカードとして話題になっているのです。

ただし、三井住友マーチャントメンバーズクラブ(ゴールド)に関しては広く知られているわけではありません。まずはどういったカードであるのかをしっかりと理解することから始めるべきです。

こちらでは三井住友マーチャントメンバーズクラブ(ゴールド)の特徴に迫ります。

・年会費は一般的だが追加会員年会費はお得!

本人会員の年会費は10,000円の設定となっています。法人カードのゴールドカードとしては、ややお得といっても良いかもしれませんが、一般的と捉える方も多いでしょう。
追加会員の年会費に関しては、2,000円の設定となっています。追加会員年会費は非常に低めの設定となっているので、安心して発行してもらえる、というわけです。

・旅行保険もついている!

海外旅行保険は最高で5,000万円の設定となっています。国内旅行保険についても最高で5,000万円の設定となっています。旅行保険もついているので、旅行先で何かあったとしてもしっかりと対応してもらえるわけです。

■法人カードと言えばライフカードゴールドビジネス

クレジットカードの中で非常に有名なものと言えばライフカードがあります。そのライフカードには法人カードもあります。さらにゴールドカードタイプも有るのです。
こちらでは、ライフカードのゴールド系法人カードのライフカードゴールドビジネスについてお話します。

どのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。個人事業主や会社経営者の方は必見です。

・年会費が低めに設定されている!

1枚あたりの年会費は2,000円の設定となっています。法人カードとしてもゴールドカードとしても非常に低い年会費設定となっています。さらに初年度年会費は無料となっているのです。2年目以降に年会費がかかってきます。
さらに追加会員の年会費についても2,000円です。ですから全部で5枚のカードを発行したとしても、10,000円の年会費しかかからない、ということになります。

・旅行保険は付いているが補償額は少ない

年会費が低いのでしかたがありませんが、補償額はちょっと残念な額です。
海外旅行保険の最高補償額は2,000万円となっています。
国内旅行保険の最高補償額は最高1,000万円となっています。

ちょっとした問題には対応できますが、大きな問題には対処できない金額かもしれないので、その点は理解しておく必要があります。