おすすめゴールド法人カードまとめ

■法人カードのゴールドカード・EX Gold for Biz

EX Gold for Biz iD×QUICPayは、法人カードの中でも人気が高くなっています。
ゴールドカードでありながら年会費が低く、コスパが高くおすすめです。

・年会費
初年度年会費無料、翌年度より2,000円(税別)。
ゴールドカードなのですが、一般カードと変わらない年会費となっているのが特徴です。
このくらいの年会費なら、ゴールドカードの法人カードを持っても良いかな?と思えるかもしれません。

・ポイントサービス
オリコカードは1,000円に1ポイントがたまりますが、EX Gold for Biz iD×QUICPayは20%が加算される優遇があります。
1ポイントや約5円相当となるので、還元率は約0.6%。
年間利用金額によっては最大1.1%の還元率にすることもできます。
法人カードのポイント還元率は0.5%となることが多いのですが、EX Gold for Biz iD×QUICPayはポイントがたまりやすいとなるでしょう。

・国内外で使えるサービスがある
マスターカードにはmastercardビジネスアシスト、VISAにはVISAビジネスオファーが付帯します。
国内外で宿泊、飲食、トラベルなどのサービスが付帯し、ビジネスに役立つこと間違いなしです。

・会計処理がしやすくなる
会計ソフトの「freee」を、2か月間お得に使うことができます。
freeeがあると法人カードの利用明細が、そのまま帳簿として使うことができます。
会計処理が簡素化されるのはメリットでしょう。

・旅行保険が付帯する
最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯、最高1,000万円の国内旅行保険が付帯します。
ゴールドカードならではの手厚い旅行保険が付帯していれば、主張時も安心です。

・キャッシングが可能
EX Gold for Biz iD×QUICPayは個人事業主向けのSと、法人向けのMがあります。
Sは法人カードでは珍しく、キャッシングを利用することができます。
資金繰りがうまく行かなくなった時、頼りになる法人カードでしょう。

・デメリット
EX Gold for Biz iD×QUICPayは、空港ラウンジ無料利用サービスは付帯していません。
ゴールドカードなので付帯していそうなのですが、これはちょっと残念と感じる方も多いでしょう。
ただ年会費が2,000円と格安なので、空港ラウンジ無料利用サービスがないのは仕方がないと思えるかもしれません。
空港ラウンジを無料で使いたいなら、他の法人カードがおすすめとなってしまいます。

■法人カード・アメックスビジネスゴールドカード

個人事業主や経営者に人気の法人カードが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
ステータスが高く、持っていると自慢ができる法人カードでしょう。

・年会費
年会費は31,000円(税別)です。
ゴールドカードの法人カードにしては、高めの設定となっています。
プラチナカードクラスの年会費と言って良いでしょう。

・ポイントサービス
100円に1ポイント付与となり、還元率は0.3%~0.4%程度となります。
法人カードの中でも、それほど高い還元率ではありません。
ただ提携店で最大ポイント10倍になるサービスがあったり、メンバーシップ・リワード・プラスに登録(有料)することによりポイント交換レートを良くすることも可能です。
使い方によっては、ポイントがたまりやすい法人カードとなるでしょう。

・旅行保険
最高1億円の海外旅行保険が自動付帯します(カード利用の有無により、最高補償金額が異なります)。
国内旅行保険は利用付帯で、最高5,000万円です。
さらにアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、家族特約もあるのが特徴です。
さすがゴールドカードという補償内容です。

・トラベルサービス
手荷物宅配サービス、エアポート送迎サービス、空港クロークサービスなどが付帯します。
また空港ラウンジ無料サービスも付帯します。
スゴイところは同伴者も1名まで無料で空港ラウンジを利用できることでしょう。
これは他のゴールドカードには、ないサービスです。

・プロテクション
返品をしたいのに購入店が応じないときに利用できるリターンプロテクション、出張やコンサートのキャンセル時に補償をしてくれるキャンセルプロテクション、オンラインでの不正使用時も安心のオンラインプロテクションなどが付帯します。
そのほかショッピングプロテクション、国内航空機遅延費用なども付帯し、これでもか!というくらいの補償があると言っても良い法人カードでしょう。

・審査に通りやすい
法人カード審査に落ちやすい開業して間もない事業主でも、発行しやすい法人カードとして知られています。
ゴールドカードは審査が厳しいのですが、意外と簡単に発行できたという例も多いです。

・デメリット
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのデメリットは、年会費が高額であることでしょう。
しかし多くのサービスが付帯しており、使ってみるとこの年会費でも仕方がないと思える法人カードです。

■法人カード・オリコビジネスゴールドカード

コスパの高いゴールドカードとして、人気なのがオリコビジネスGoldです。

・年会費
年会費は2,000円(税別)となり、ゴールドカードの法人カードとしては格安です。
初年度年会費無料になるキャンペーンを行っていることがあり、これを狙って申込みをするとさらにお得です。

・空港ラウンジサービス
2,000円程度のゴールドカードだと、空港ラウンジ無料利用サービスは付帯してないこともあります。
しかしオリコビジネスGoldは、国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川のラウンジを無料で利用することができます。
出張で空港を利用する法人にも、おすすめのゴールドカードとなるでしょう。

・旅行保険
最高2,000万円の海外旅行保険、最高1,000万円の国内旅行保険が自動付帯します。
どちらも自動付帯なのが、おすめのポイントです。
国内旅行保険は死亡・後遺障害のみの補償となりますが、海外旅行保険の内容はゴールドカードならではの充実ぶりです。
海外出張が多いなら、安心できる法人カードです。

・利用限度額
利用限度額は10万円~1,000万円までとなり、ゴールドカードの中でも高い設定になっています。
利用限度額は審査で決定され、1,000万円まで必ず使えるというわけではありません。
しかし法人カードの利用金額が高いならおすすめです。

・Mastercardビジネスアシスト付帯
mastercardブランドとなるオリコビジネスGoldは、mastercardビジネスアシストが付帯します。
ホテルやレストランでの優待があり、出張や接待などビジネスに役立つでしょう。

・会計ソフトの優待
クラウド型の会計ソフト、 freeeを2か月間お得に利用できる特典があります。
freeeは法人カードの利用明細を、そのまま会計ソフトに入力させることができます。
経理がしやすくなり、経理にかける時間を短縮させることも可能です。

・デメリット
オリコビジネスGoldは、ポイントシステムがありません。
これが最大のデメリットでしょう。
法人カードはポイント還元率が低いと言っても、0.5%程度はあります。
利用をしても全くポイントがたまらない…というのは、ちょっと寂しいものがあります。
ただオリコビジネスGoldは、ゴールドカードでありながら年会費が2,000円(税別)と格安です。
この年会費で1万円以上する年会費のゴールドカードと同様のサービスを受けられるので、ポイントが付かなくても致し方ないかもしれません。

■JCBゴールド法人カードの特徴に注目

ゴールドカード系の法人カードはいくつかあります。その中でどれを利用したら良いのか、ということで悩んでいる方も多いのではありませんか。法人系のゴールドカードともなると、一定の年会費もかかってしまいます。少しでも良い機能を持ったものを利用したい、という方も多いのではありませんか。

今回はJCBカードゴールド法人カードについてお話します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。確認してみましょう。

・年会費が抑えられている

年会費は10,000円となっています。比較的低めの設定となっているので、年会費にそれほど経費をかけたくない、というケースにも役立ってくれるわけです。さらに追加カードの年会費も低めに設定されています。3,000円となっているので、追加カードを発行するのもおすすめです。

・旅行保険が充実している!

海外旅行保険は最高で1億円の設定となっています。国内旅行保険は最高で5,000万円の設定となっています。海外出張に行く機会が多い方や海外旅行に行く機会が多い、という方にもおすすめのクレジトカードです。

・買い物保険もある!

法人カードで大きな買い物をすることもあるでしょう。JCBゴールド法人カードであれば500万円までの買い物保険がついています。高額の利用も安心して利用できるカードなのです。

■ハイグレード法人カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特徴

せっかくの法人カードであれば、ゴールドカードなどの上級のものを利用したい、といった気持ちも生まれてくるのではありませんか。その法人のゴールドカードですが、特に注目してほしいものがあります。それは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。あのアメックスの法人カードがあるんですよ。しかもゴールドカードとなっているわけです。果たしてどんな特徴があるのでしょうか。探ってみました。

・やっぱり年会費が高い!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの年会費ですが、本人会員は31,000円の設定となっています。さすがアメックスカードと言っても良いのではありませんか。非常に高い年会費設定となっているのです。
追加会員の年会費に関しては、12,000円となっています。追加会員の年会費も比較的高いので注意しましょう。

・ラウンジサービスあり

ゴールドカードなので空港ラウンジもしっかりと利用できる設定となっています。国内では28空港のランジが利用可能です。海外も2空港利用可能です。さらに同行者1名までは無料の設定になっているのです。

・マイレージ移行対象が多い!

様々なマイレージに対応しているのです。特定のマイレージを貯めている、という方には非常にありがたいカードとなっています。

■三井住友VISAビジネスゴールドカードは良い法人カードだ!

三井住友カードと言えば、日本で一番発行枚数が多いクレジットカードとしても知られています。その三井住友カードの中には法人カード系のゴールドカードも存在しているのです。それが三井住友VISAビジネスゴールドカードです。

安心安全な三井住友カードのビジネスカードを利用したい、と考えている個人事業主の方や会社経営者の方も多いのではありませんか。

今回は三井住友VISAビジネスゴールドカードにはどんな特徴があるのかを明らかにしていきますね。

・法人のみを対象にしている

三井住友VISAビジネスゴールドカードは法人カードですが、実は個人事業主に関しては対象としていません。法人のみを対象としているので、その点についてはしっかりと理解しておく必要があります。法人以外は利用できないので、個人事業主の方は他のカードの利用を検討しましょう。

・空港ラウンジの利用が可能

国内の28空港のラウンジが無料利用できます。ただし、海外のラウンジには対応していません。日本に帰ってくるときには無料でラウンジ利用が出来ないわけです。

・年会費が低めに設定されている

本人の年会費は10,000円の設定となっています。
2人目の年会費に関しては2,000円の設定となっています。年会費に関してはビジネス系のゴールドカードとしてはかなりお得です。