迷ったら?!こんな法人カードがおすすめ!

この記事では、お得なものや便利な特典がついたものなど、ジャンル別におすすめできる法人カードを紹介していきます。カード選びで迷ったときは、ここで紹介している法人カードを参考に選んでみてください。

■経理を簡素化できる法人カードがおすすめ

クレジットカードには個人向けと法人向けがあります。
会社経営者や会社単位で使いたい場合、個人事業主には法人カードがおすすめです。

個人向けカードとの大きな違いとなるのが、法人カードは経費の支払いに使えることです。
経費に個人のクレジットカードを使っているケースは少なくないでしょう。
しかしこれは、クレジットカードの規約違反となります。
個人向けカードは、基本的に事業性の支払いには使うことができません。
それなのに経費に使い続けていると、クレジットカードが使えなくなることがあります。
急にクレジットカードが使えなくなると、支払いができずに困ってしまうでしょう。
経費の支払いには、法人カードがおすすめなのです。

そして法人カードは、経理を簡素化できるメリットもあるのでおすすめです。
領収書をいちいち会計ソフトに打ち込んでいくのは手間がかかります。
手入力だと間違いもおこりやすいです。
法人カードは会計ソフトと連携をさせ、利用明細書をそのまま経費としてあげることが可能です。
自動入力となれば時間も手間もかかりませんし、間違いも起こりにくくおすすめです。

中小企業や個人事業主におすすめなのが、全自動クラウド型の会計ソフト「freee」です。
法人カードと連携させることで、簡単に会計帳簿を作成できます。
特別な知識がなくてもできるので、非常にありがたいソフトです。
経理をラクにしたいなら、freeeと連携している法人カードがおすすめとなるでしょう。
特別価格で利用できたり、2か月~3か月は利用料金無料という法人カードなら、なおさらおすすめです。

・EX Gold for Biz iD×QUICPay
freeeと連携サービス可能な法人カードでおすすめなのは、EX Gold for Bizです。
個人事業主向けのSと法人向けのSが用意されています。
ゴールドカードクラスですが、年会費は2,000円(税別)と格安なのが特徴です。
専用ページで申込みをすると、freeeの標準プランを2か月分お得になります。
iDとQUICPayをダブル搭載しており、少額の決済もしやすくおすすめです。

・ライフカードビジネス
ライフカードビジネスは、freeeの標準プランに申込みをすると、2か月分が無料になります。
ライフカードビジネスは年会費無料の法人カード。
法人カードとしては珍しい永年年会費無料なので、年会費負担をしたくない事業主におすすめです。
初めての法人カードや、サブの法人カードとしてもおすすめでしょう。

■ポイントがたまる法人カードがおすすめ

法人カードのメリットとなるのが、ポイントを貯められることでしょう。
たまったポイントを備品購入や出張旅費に充てれば、経費を削減できます。
おすすめなのは、ポイントがたまりやすい法人カードです。
ただ法人カードのポイント還元率は、あまり高いものはありません。
だいたいが0.5%程度となり、個人向けカードに比べると還元率が低いと感じてしまうでしょう。
それでも0.5%以上の還元率を誇る法人カードはありますので、ポイントシステムを比較して選ぶのがおすすめです。

また法人カードは、ポイントの使い道を考えて選ぶのもおすすめです。
出張旅費にポイントを充てたい場合は、マイルがたまりやすい法人カードがおすすめです。
コンペの商品に交換したいというなら、ギフト券などにポイント交換できる法人カードがおすすめとなるでしょう。
せっかくためたポイントなのに使い道がない…と、ならないようにしてください。

楽天ビジネスカード
楽天プレミアムカードに追加発行する法人カードです。
ポイント還元率は1.0%ですので、法人カードの中ではポイントはたまりやすいでしょう。
0.5%の還元率とくらべると、倍のスピードでポイントがたまることになりますからね。
しかも楽天市場ではポイント5倍になります。
楽天市場でビジネス用品を購入するなら、ポイントがたまりやすくおすすめの法人カードです。
楽天プレミアムカードでたまるのは、楽天スーパーポイントです。
楽天市場でのショッピング支払いに使えるほか、楽天トラベルでは出張旅費の支払いにも使えます。
年会費は楽天プレミアムカード10,000円+楽天ビジネスカード2,000円=12,000円(いずれも税別)。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
JALマイルをためるなら、超絶おすすめの法人カードです。
通常ショッピングでは永久不滅ポイントがたまるのですが、セゾンマイルプラス(セゾンプラチナビジネスアメックス会員は無料)に登録をするとJALマイルが自動的にたまるようになります。
還元率は1.125%にもなり、JALマイルが一番たまりやすい法人カードとも言えるでしょう。
JALでの出張旅費に充てれば、経費の節約になりますね。
年会費は20,000円(税別)ですが、年間200万円以上利用すると翌年度の年会費が半額の10,000円(税別)になります。
プラチナ法人カードながらコスパが高くおすすめです。

■旅行保険付帯の法人カードがおすすめ

出張が多い法人に、おすすめなのが旅行保険が付帯した法人カードです。
出張時に持っていると、もしもの時に補償を受けることができます。
追加カードを持たせれば、社員も補償を受けらるのがメリットです。
大切な社員を守るためにも、旅行保険付帯の法人カードはおすすめです。

法人カードの旅行保険は、国内旅行保険と海外旅行保険があります。
どちらも付帯しているのがおすすめですが、優先したいのは海外旅行保険でしょう。
海外では治療費も高額になり、金銭の負担が大きくなってしまいます。
法人カードに海外旅行保険が付帯していると、高額な治療費もカバーできおすすめです。
補償内容は死亡・後遺障害、疾病治療、傷害治療、携行品損害、賠償責任、救援者費用などとなります。
法人カードにより補償金額などは異なります。
死亡や後遺障害のみの補償となる場合もありますので、内容を確認しておくのがおすすめです。

そして法人カードの旅行保険は、利用付帯と自動付帯があります。
利用付帯は法人カードで出張旅費を支払うと、保険が適用されるシステムとなります。
自動付帯は法人カードでの出張旅費支払い有無にかかわらず、保険が適用されます。
安心できるのは自動付帯の法人カードとなるでしょう。

・ EX Gold for Biz iD×QUICPay
年会費2,000円(税別)と格安ですが、しっかり海外旅行保険が付帯している法人カードです。
しかも自動付帯なので、発行後の海外渡航時は自動的に補償の対象となりおすすめです。
死亡・後遺障害最高2,000万円、疾病治療最高200万円、傷害治療最高200万円、携行品損害最高20万円(免責3,000円)、賠償責任最高2,000万円、救援者費用最高200万円。
国内旅行保険は利用付帯ですが、最高1,000万円となります。
手術や入院費用の補償はありません。

・オリコビジネスカードGold
年会費2,000円(税別)ですが、高スペックの法人カードとして密かに人気が高い法人カードです。
海外旅行保険は自動付帯なので、海外出張にはおすすめです。
死亡・後遺障害最高2,000万円、傷害治療最高200万円、疾病治療最高200万円、携行品損害最高20万円(免責3,000円)、賠償責任最高2,000万円、救援者費用最高200万円。
ゴールドカードならではの高い補償金額です。
そしてオリコビジネスカードGoldは、国内旅行保険も自動付帯されています。
死亡・後遺障害のみですが、最高1,000万円の補償となります。

■プライオリティパス付帯の法人カードがおすすめ

飛行機での出張が多いなら、おすすめなのが空港ラウンジ無料利用サービスがある法人カードです。
空港ラウンジにはドリンクやマッサージチェア、新聞や雑誌などが用意されています。
どれも自由に利用ができ、ゆったり休憩をすることができます。
Wi-Fiがあるので、仕事をすることもできるでしょう。
飛行機が遅延したり欠航したりして時間が余ってしまったとき、早く空港につきすぎてしまったときなどは、空港ラウンジを利用するのがおすすめです。

空港ラウンジ無料利用サービスは、ゴールドクラス以上の法人カードに付帯します。
一般クラスの法人カードには付帯していません。
またゴールドカードクラスでも、空港ラウンジ無料利用ができない法人カードもあります。
年会費が2,000円程度と格安のゴールド法人カードは、空港ラウンジを無料で利用できるのか確認するのがおすすめです。
それから法人カードにより、ラウンジを利用できる空港が異なることもあります。
自分がよく利用する空港のラウンジが無料対象であるかを、確認しておく必要もあるでしょう。

世界中の空港ラウンジを無料したい場合は、プライオリティパスが付帯する法人カードがおすすめです。
プライオリティパスがあると、国内だけでなく海外空港のラウンジも無料で利用することができるようになります。
仕事で正解中を飛び回るというなら、プライオリティパスは重要でしょう。

・楽天ビジネスカード
プライオリティパスはプラチナクラスにならないと付帯しないサービスなのですが、楽天プラチナカードで追加発行する楽天ビジネスカードはプライオリティパスが付帯することで人気です。
楽天プラチナカード10,000円+楽天ビジネスカード2,000円=12,000円(いずれも税別)の年会費で、プライオリティパスが付帯するのがかなりお得と言えるでしょう。
プライオリティパスだけで、年会費の元を取れるといっても良いかもしれません。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
さすがプラチナクラスの法人カードということで、しっかりプライオリティパスが付帯しています。
セゾンプラチナビジネスアメックスは、年会費20,000円(税別)とプラチナ法人カードとしては格安。
しかも年間200万円以上利用すれば、翌年度の年会費が半額の10,000円(税別)になります。
この年会費でプライオリティパスを使えるのはスゴイというしかなく、おすすめ度は高いです。

■ステータスでおすすめな法人カード

せっかく法人カードを使うのであれば、ステータス性の高いものを選びたい、と思っている方も多いのではありませんか。ステータス性の高いものであれば、支払いの時もちょっと良い気分になりますよね。特に法人カードの場合は、ステータス性の高い法人カードを社員に持たせてあげることができれば、社員のやる気も向上する、ということが考えられるわけです。

今回は、ステータスでおすすめな法人カードとして「JCBプラチナ法人カード」を紹介します。プラチナ系斧法人カードなのですが、どんな特徴があるのでしょうか。確認してみましょう。

年会費はそれほど高くありません。法人のプラチナカードなのに30,000円の設定となっているのです。プラチナカードというと40,000円や50,000円の年会費を想像すると思いますが、30,000円なので比較的ハードルが低い存在、と言っても良いかもしれません。

もう一つ注目してほしいのが申し込みです。プラチナカードに関しては、インビテーションがなければ申し込みができない、ということもあります。しかし、JCBプラチナ法人カードに関してはインビテーションがなくても申し込みができるのです。いきなりプラチナカードを持つ、ということも出来るわけです。

プラチナカードであれば当たり前と感じてしまうかもしれませんが、プライオリティパスへの登録が無料でできる、といった嬉しい特徴もありますよ。